1. HOME
  2. ブログ
  3. 代表BLOG
  4. 美容室経営は資産運用!株式投資と同じである!!

代表BLOG

代表ブログ

代表BLOG

美容室経営は資産運用!株式投資と同じである!!

以前に「美容室でよくお金をかけられているが、意外にその必要は無いところ」についてお話ししたことがありますが、その反対に「ここはしっかりとお金をかけたほうがいいところ」について今日は考えてみたいと思います。

先に答えを書いてしまいますが、それは「人件費」と「福利厚生費」の2点だと私は考えています。

美容室というのはいわゆる属人性の高いビジネスなので、スタッフの満足度を上げて彼らの離職率を下げることがどうしても重要になってきます。そのためにもしっかりとお給料や歩合を払い、福利厚生もしっかりさせている美容室も多いのですが、これがまた厄介なことに、お金では繋ぎ止めることができないケースも多いのです。繋ぎ止めのために「人件費」と「福利厚生費」を手厚くすることは属人性の高いビジネスなので仕方ないのですが、それでも安心とはならないので、このあたりがオーナーにとってはとても頭の痛い部分です。

これは美容室に限ったことではありませんが、会社として掲げる目標設定を、チームメンバー皆のガンバリのもとに達成すること。これは基本的なことですが、とても大事です。厳しい言い方をしてしまうと、目標達成に貢献できない/しようと努力しないメンバーには、すっぱりと辞めてもらうこと、これがむしろ会社の成長を促すこともあります。このような事態がいつ発生しても会社が揺らがないよう、経営にはリスクを分散させておく必要があり、美容室経営においても同様のことが言えます。

では美容室経営におけるリスク分散とは何か?それは以下のようなものです。

  1. サロン売上が一人に偏ってしまうような、エースを作らない
  2. 売り上げを特定の人やメニューに偏らせず、同じくらいの数字が出せるものを複数持つ
  3. スタッフの教育にしっかりと投資する
  4. 大型店舗での一極集中型ではなく、1店舗6〜7名規模のサロンを数店舗持つ

 

一般的な美容室は一人のスタイリストがやめてしまうとそれだけで売り上げが落ち込むようなこともよくありますが、仮にそのメンバーが、会社の持つ目標達成に協力的でなかったり、喜べないようなメンバーであった場合は、思いきってサヨナラが言える勇気を持てるよう、毎年着実に社内に資産を残せるような経営をしていきたいものですね。

サロンM&Aに関するお問い合わせはこちら

 

【PR】