1. HOME
  2. ブログ
  3. 代表BLOG
  4. 免許不要ってホント!?あなたの知らないヘアメイクの世界…

代表BLOG

代表ブログ

代表BLOG

免許不要ってホント!?あなたの知らないヘアメイクの世界…

美容師とヘアメイク(コレクションや撮影の)の違い

昨日の記事は私が尊敬する2名のレジェンドについてのことでしたが、厳密にはかれらは美容師ではなく「ヘアメイク」と呼ばれる分野で活躍されていたアーティストです。
美容業界では「美容師」と「ヘアメイク」は大きな違いがあり、全く別物として存在しています。(美容師としてサロンワークもしつつ、ヘアメイクもしている方もいます)

今日はこの「美容師とヘアメイクの違い」についてです。どちらも「仕事をする=お金を頂く」であることには変わりませんが、活躍するフィールド、顧客、条件などにも違いがあるのです。

ヘアメイク

クライアント

広告を出稿している企業やTV、雑誌、WEBなどの各メディア

仕事内容

ヘアセットやメイクアップをする

仕事場

スタジオなどの撮影場所へ行きその場でヘアメイクを行う

美容師免許

必要ありません

美容師

クライアント

一般のお客様

仕事内容

カット、パーマ、カラーなど、いわゆるサロンで行える一般的なメニュー

仕事場

美容室

美容師免許

必ず必要

 

ざっと見てもこのような違いがあります。ヘアメイクだけに関しては美容師免許が不要というのが意外な部分ですね。

ヘアメイクになりたくて美容師になる人もいるのですが、ヘアメイクはいかんせん間口が狭く、簡単にはなれないということを知って諦めて、結果美容師に集中するというようなパターンが多いです。プロの美容師として行うサロンワークも非常にやり甲斐のある仕事ですが、ヘアメイクの仕事もその特性上、とてもクリエイティブで素晴らしい仕事です。どちらを目指すかは自由ですが、成功を掴むためにはやはりその人の意思と努力と運次第。。。!

サロンM&Aに関するお問い合わせはこちら

 

【PR】