1. HOME
  2. 事業案内
  3. サロンM&A
  4. サロンを売りたい

サロンM&A

Merger & Acquisition

サロンM&A

サロンを売りたい

美容・サロン事業の売却を
お考えのオーナー様へ

 

売却のご相談は完全無料で、成約時の仲介報酬以外には一切の費用は不要です

ひとことでサロンの売却と言ってもその形態は様々で、どのような形で話をまとめるかというのは、売却を検討するに至ったその理由に基づいて考えることも重要です。よくある理由としては以下のようなものが一般的です。

資金繰りが厳しく事業継続に不安がある 別の事業に集中したい
リタイアしたいが後継ぎが不在 売却益をもとに別事業をスタートさせたい

これらの状況によって、シンプルに事業売却という形をとるか、または他社の傘下に入り資本注入を受けながら事業を継続する、協業というような形をとることも可能です。
買い手側としてはもちろん少しでも安く買収を成立させたいというのが本音ですが、私たちに仲介させて頂くことで、あなたのサロンの価値をしっかりと買い手側に伝え、安売りさせることのないようしっかりとした交渉を行いますので、ぜひ一度ご相談下さい。

売り手さま側への仲介報酬手数料一覧

売買の取引価格 成約時の手数料
10億円以上 0.99%
1億円超〜10億円以下 1.49%
5千万超〜1億円以下 1.99%
1千万円超〜5千万円以下 2.49%
1千万円以下 最大70万円

 

 

サロン売却のメリットとは?

従業員の雇用が守れる

通常の売却案件では、現在働いている従業員もすべてそのまま譲渡する形になるため、従業員の雇用はしっかりと守ることができますのでご安心下さい。売却でなくただのサロン閉店の場合では、従業員を解雇しなければなりませんので、従業員の雇用を守るという意味でも売却は良い条件です。また、閉店の場合では得られない売却益が確保できるのもメリットです。

店舗の原状回復工事が不要

店舗物件の場合、閉店→退去時に店内の現行回復工事が必要となり、一般的な広さの店舗ではその金額も数百万円にものぼります。しかし事業売却の場合であれば、それらの義務や費用を買い手側に引き継ぐことになりますので、通常のサロン閉店よりもそのコストを負うことがなくなります。

予想以上の売却価格になることも

サロン単体でしっかりと利益を出せているタイミングで事業売却を行うと、思いもよらない値がつくこともあります。買い手側は向こう数年分の利益を考慮して買値をつけるため、まだまだサロンで数字を出せるというタイミングであえて売却に踏み切り、その後の新規事業のための資金としたり、ご家族のため、または自らの引退後の資金とされる方もいらっしゃいます。

 

実際はこの他にも多くのメリットがあり、現在少しづつ『サロン売却』という選択肢が一般化しつつあります。あなたのサロンが売却にぴったりなタイミングでも、またはそうではなくても、ぜひ一度私たちまでご連絡下さい。相談は完全無料ですので、いますぐこちらからお問い合わせを!

サロン売却について問い合わせる